1. >
  2. >
  3. NO MUSIC, NO LIFE!なフィリピンの音楽文化

NO MUSIC, NO LIFE!なフィリピンの音楽文化

身近に溢れている

フィリピンといえば街中に音楽があふれていることで知られています。
バスや電車に乗っていても、デパートの中やレストランにまで音楽が常に流れているのです。

どこに行ったとしても常に音楽に触れることができて、音楽の流れていない場所はないといえるでしょう。

また、音楽だけではなくダンスも盛んな地域です。
レストランの中には踊ることができるお店もあり人気を集めています。

このような環境となっているため、自然とフィリピンの音楽のレベルは高くなっています。

フィリピンのポピュラー音楽に関しては明確な区別が存在しているわけではなく、若者からお年寄りまでが同じ音楽を楽しむことができています。

伝統的な音楽というものはあまりなく、唯一あるとすればダヒルサヨと呼ばれているものが伝統音楽となっています。
フィリピンの音楽の特徴としてはアメリカの影響を大きく受けています。

演奏レベルはとても高いのですが、オリジナル性が欠如しているという欠点があります。

非常にたくさんの歌手がいて、人気が出てはすぐに消えていってしまうという状況のため、現在人気の歌手を正確に把握することは難しくなっています。

基本的にフィリピンはアメリカ指向となっており、アメリカの音楽や映画が流行っています。

ビルボードのランキングに入るような音楽を耳にすることが多いのです。
また、アメリカのアーティストがディナーショーを開催することもあります。

フィリピンの音楽事情

フィリピンでは日本の音楽もある程度浸透しています。
たとえば、桑田佳祐や尾崎豊、徳永英明といったアーティストの曲がカバーされています。

ただし、日本の曲だと認識されていないケースも珍しくありません。

フィリピンのテレビは日本と同じような方式となっています。
日本のアニメやドラマは吹き替えによってたくさん放送されています。
そのため、自然と日本の文化が入り込んでいます。

ラジオ局はたくさんあり、さまざまな音楽を流しているため、フィリピンの音楽にとっては重要です。

音楽情報専門誌はないのですが、OPMの譜面集が発売されるため、情報を得ることはそれほど難しくありません。
インターネットも普及しているため、音楽の最新情報を得ることができます。

著作権は比較的守られており、海賊版テープも存在しているのですが、それを買うお金がある方はオリジナルを購入するというシステムが確立されています。

ただし、著作権に関する意識そのものが高いわけではありません。

フィリピンは英語が公用語のためアーティストの海外進出においては強みがあります。
特に女性歌手に関しては今後もどんどん海外へと舞台を広げていく可能性はあります。