1. >
  2. >
  3. 天国への階段 ライステラス

天国への階段 ライステラス

天国へ続く階段「ライステラス」

天国への階段と称されるライステラス、棚田です。
日本にも棚田文化があり、美しい棚田が並ぶ光景をそこに見ることができますが、フィリピンマニラ、ルソン島中央、コルディリェラ山脈の中央に位置するイフガオ州、バナウエには、天国にそのままつながっているのではと感じられるほどの、広大な棚田があります。

山岳地帯に暮らすイフガオ族が作り出したこの絶景は、当時この地を開墾した島民の汗と血の結晶であり、生きていくために必要だった棚田を命がけで作り上げた人たちの努力を強く感じさせます。
人がこの地を人力で開墾し、2000年以上前に作られたという棚田は圧巻です。
棚田を平らに伸ばせば、地球半周分に達するともいわれ、その長さは2万キロにも及ぶとされます。
最高峰2000mの急傾斜に創られたこの美しい天国への会談は、1995年、世界登録の地となりました。

日本の田舎にいるような不思議なイメージ

このライステラスがある町は、山間の斜面に創られた街で、中央には川が流れ、そのせせらぎと木々の緑がこすれ合う音など、まるで日本の片田舎にいるようなイメージがあります。
日本の観光客がこの地を訪れたら、きっと、何か懐かしい郷愁を感じる事でしょう。
棚田のある町、バナウエの周囲ではテラスで朝食を頂ける施設などもあり、天国に続く階段を眺めながらの朝食は、心が現れるような気持ちにすらなります。

朝になるとどこからともなくやってくる真っ白い霧、それが棚田を包み込み、本当に天国までつながっているのではないかと想像してしまうほどに美しい風景です。
朝食ではこの棚田で収穫されたネイティブライスがいただけます。
のんびりおいしいご飯を頂き、天国に続く階段を見ながらいれたてのコーヒーを飲めば、素晴らしく優雅な気持ちになれそうです。

棚田へはジプニーで行こう

交通手段はジプニーを利用しましょう。
棚田は広範囲に点在しているので、かなり距離があります。
急斜面にはどうやって建築したのか?と思える住宅がそこかしこに見え、家屋の中にはHanging Houseが見えるため、本当に崖にぶら下がっているようなイメージです。

イフガオ族の伝統的住居となっているイフガオハットと呼ばれる住居は、高床式、茅葺屋根の住居です。
現在はここを倉庫として利用しているといいますが、その昔、こうした住居で暮らしていたという歴史を見ることもできます。

人懐こい子供たちの笑い声が響き、子供たちは今も木製の自転車に乗って遊んでいます。
年に1度、この木製の自転車によるレースも行われていて、本当に日本の昔懐かしい風景を見ているようです。
美しい水田をみたいなら、苗が育って気候が安定する3月から4月くらいが望ましいでしょう。