1. >
  2. >
  3. 国民の○割がキリスト教信者!?フィリピンと宗教

国民の○割がキリスト教信者!?フィリピンと宗教

キリスト今日が盛ん

アジアでは珍しいことですがフィリピンの宗教の主流はキリスト教です。

フィリピン人の9割以上の方がキリスト教信者とされています。
その中でもカトリックの割合が高いのが特徴的です。

その他の宗教としてはイスラム教や道教などがあります。
東南アジアでキリスト教国はフィリピンと東ティモールだけです。

どうしてキリスト教がここまで広まったのかというと、スペインに統治されていたからです。

スペインがフィリピンに伝えたのはローマ・カトリックです。
そのため、ほとんどの方がローマ・カトリックを信仰しています。
イスラム教はスペイン統治前にもたらされたものです。

カトリックの影響が強いためにたとえばフィリピンでは離婚に関する記述が法律に存在しません。
他に離婚制度のない国はバチカン市国のみです。

フィリピンにはスペイン統治時代に誕生した教会があり、その中には歴史的に価値のあるものも含まれています。

街のいたるところに教会が存在しており、信仰心の強い方はたくさんいます。
毎日きちんと祈りをする方がいたり、仕事よりもクリスマスをはじめとしたキリスト教のイベントを優先させる方は多いです。

そのため、フィリピンを訪れる際にはキリスト教国であることを意識しましょう。

フィリピンにとっての宗教

フィリピンについて考えるならば宗教のことは欠かせません。
信仰心があり、本気で信仰を意識した生活を送っている方がたくさんいます。

たとえば、フィリピン人から見ると日本人のカトリック教徒のやっていることは形だけのまがいものと思われるケースがあります。

フィリピンでキリスト教が広まったのは、スペインが統治により、キリスト教に入信しなければ殺されてしまうかもしれないと考えた方が多かったからです。

つまり武力によって無理やり改宗させられた方がたくさんいました。
しかし、現在ではキリスト教が広まってから数百年の歴史があるため、自分がキリスト教徒であることに疑問を抱いているフィリピン人はそれほど多くありません。

カトリックは一般的にこのような手段に出ることが多いです。

一方、プロテスタントの国であるオランダやイギリスの場合は、たとえ特定の国を植民地したとしても宗教を押し付けることはなかったため、インドネシアやマレーシアには現地の宗教がそのまま残されています。

フィリピンにもイスラム教徒もいて、たまにキリスト教徒とイスラム教徒による結婚が実現するケースもあるようです。

フィリピン人は家族よりも神様の方が大切だと考えているような方もいます。
常に神様に感謝することを考えている方が多いのです。

そのため、フィリピン人と結婚をするとパートナーをキリスト教に改宗させようとするケースはよくあります。
日本人男性の中にはフィリピン人女性と結婚する方が昔からいますが、宗教のことについてはよく考えておくべきでしょう。