1. >
  2. >
  3. 日本ではありえない!?フィリピンの文化

日本ではありえない!?フィリピンの文化

時間にルーズな一面

フィリピンの人と付き合うならば日本人とはかなり異なった文化を持っていることを理解するべきでしょう。

文化の違いをきちんと理解できないとトラブルに発展してしまうことがあります。
フィリピン人がどのような考え方で行動しているのかを知ることは大切です。

まず、フィリピンに限らず南国の島国ではよくあることですが、時間を守らない方が多いです。
約束の時間から30分程度遅れてくることは珍しくありません。

とても重要なイベントがある際にはさすがに遅刻しない人が増えるのですが、プライベートの約束の場合は平気で遅れてくることがあります。

フィリピン人は何か失敗したり、問題が起きた時でも笑ってごまかすケースが多いです。
これは相手に対して謝る意味で笑顔を作っているのだと理解しましょう。

何かミスをした時でもお互いに笑い合うことによって、事態を深刻化しないという作用があるのです。

レストランへ行くとなかなか料理が提供されないためかなり待ってしまうことがあります。

また、オーダーミスをしてしまうことも珍しくありません。
とてもやる気のない店員が普通にいるのも特徴的です。

ガードマンが普通に居眠りをしているようなケースもあります。
ただし、これは日本人があまりにも真面目すぎるという一面もあるでしょう。
世界を見れば、店員のやる気がないのはよく見られる光景です。

おつりに関しては逆にお店側からおつりがないのか聞かれることがあります。
フィリピンで買い物をする時には小額紙幣をきちんと持っていると便利でしょう。

日本人がフィリピンで驚くこと

フィリピンで買い物をしていると、展示されている商品が在庫切れとなっていることが多いです。

レストランに行ったとしても、メニューに書いてあるにも関わらず提供できないといわれるケースもあります。
品切れはよくあることだと理解しておきましょう。

フィリピンでよく起きるハプニングとして停電や断水は頻繁に起きます。
シャワーを浴びようと思ったのに水が出てこなかったり、いきなり停電することも珍しくありません。
ただし、数時間程度ですぐに復旧することが多いです。

フィリピンでファーストフードを利用するとかなり待たされることがあります。
全然ファーストフードの意味がないのですが、それでもフィリピン人はそれに腹を立てることはありません。
フィリピンは車社会であり、車を優先させるため、歩行者は気をつけなければいけません。

タクシーに乗っていると、いきなり道端で立ちションをし始めたり、ガソリンスタンドに立ち寄ったりすることがあります。
その際にもメーターが回ったままであることが多いです。

フィリピンで映画を見に行くと、観客がオーバーなリアクションをすることが多いです。
日本のように周りに迷惑をかけないように静かにするというマナーはありません。
むしろみんなで盛り上がることがよしとされているのです。